MENU

体がガサガサ

娘は生まれた瞬間はぱっちり二重でした。

 

しかししばらくしていつのまにか腫れぼったい一重に変わっていました。

 

目だけではなく顔全体もなんだか腫れているような。

 

体も産まれたての頃は何も気にならなかったが、次第にガサガサの肌に変わっていました。

 

初めての子供だったので、赤ちゃんはみんなこんなものだと思っていたのだが、一ヶ月検診の時に指摘され普通と違うことに気づきました。

 

そしてワセリンを処方してもらい毎日お風呂後に塗るようになったが、ガサガサは以前と変わらず。

 

顔は自分で引っ掻いてしまい傷ができてしまうことも多々ありました。

 

肘や膝の裏、首元など外気に触れない場所に関しては赤く腫れてジュクジュクになってしまい、一向に良くならないため病院にかかるようになりました。

ベビーセバメドの石鹸がおすすめ

最初に試したのはベビーセバメドの固形石鹸です。

 

これは、医師から勧められたため使用を始めました。

 

近くの薬局などには探しても売っておらず通販にて購入しました。

 

この固形石鹸を手でしっかり泡だてて、スポンジなどは使わず素手で赤ちゃんの体を洗ってあげます。

 

頭も顔も石鹸で洗います。

 

乳児湿疹に関してはとにかく頭から足までしっかり石鹸で洗い、その後しっかりと保湿をすることが大事なようです。

 

ベビーセバメドは洗い上がりがとてもしっとりしていてお肌にとてもよいかんじがします。

 

ただ、泡立ちにくいのが難点で、泡立てるのに時間がかかります。

 

赤ちゃんの沐浴はただでさえ大変なため、その点が少々苦労しました。

 

またお値段も少し高かったので、途中でベビーセバメドではない他のポンプタイプの泡で出てくるタイプのものに変えたのですが肌が恐ろしく乾燥してしまい、またベビーセバメドに戻しました。

結果的にはあまり変わらず

今まで使っていた石鹸とは違い、とても洗い上がりがしっとりとしていて、且つちゃんと洗浄もできているよだったのでよかったのだが、使い続けることでの変化はとくにありませんでした。

 

首元や肘、膝裏のジュクジュクに関しては保湿をせずに洗った後にしっかりと乾燥させることで良くなることもあったが、同じようにしててもまたジュクジュクに戻ってしまうことが多かったです。

 

結果的にはベビーセバメドでなくともお店で売られている低刺激タイプの赤ちゃん向けの石鹸であれば特に大差ないように感じました。

 

ベビーセバメド自体の効果は感じられなかったですが、しっかり洗ってしっかり保湿というのを心がいたら、成長につれて肌が強くなったというのもあるかもしれませんが徐々にガサガサや湿疹は減っていき、一歳を超えた今はすべすべのお肌になりました。