MENU

生後2ヶ月で肌荒れが目立つように…

赤ちゃんと言ったらすべすべ、モチモチのお肌ですよね。

 

私の子供も生後一ヶ月はイメージ通りプルプルのお肌でした。

 

しかし生後二ヶ月を迎えてからお肌の様子に変化が…ほっぺにプツプツや赤くかさつきが見られるようになりました。

 

しばらく様子を見ていましたがますますひどくなり、皮膚科で診察をしてもらいました。

 

診察結果は乳児湿疹とのことできちんとケアをすれば心配ないとのことで一安心しました。

 

乳児湿疹とは赤ちゃん特有の湿疹でほとんどの子供が発症するようです。

 

新生児ニキビ、あせも、乳児脂漏湿疹等をまとめて乳児湿疹と言います。

 

赤ちゃんの肌は大人に比べ薄く炎症が起こりやすくそのままにするとひどくなってしまうこともあります。

乳児湿疹の予防に大切なこと

乳児湿疹の予防には肌を清潔に保つ事が何より大切です。

 

特に夏場は汗をたくさんかくので小まめに着替えをさせたり汗がひどい時にはお風呂に入れる等すると良いです。

 

ウチでは夏場は1日2回お風呂に入れていました。

 

そして赤ちゃん用のボディソープで顔(目の周り以外)もきちんと洗い清潔にします。

 

初めは沐浴液で洗っていましたがボディソープで洗うようになってからは炎症もかなりおさまりました。

 

汗や汚れは沐浴液だけでは落ちきっていなかったようです。

 

そして入浴後は保湿が大切です。

 

根本的な肌の機能を高めるためには保湿や清潔が欠かせませんので、赤ちゃんの肌にも優しいもので保湿をするように心掛けました。

 

保湿剤についてはこちら:赤ちゃんにおすすめの保湿剤!敏感肌だからこそ無添加のものを選ぼう

 

私が使っていたローションは赤ちゃんの弱い肌にも使えるのはもちろん、エコサート認証というオーガニックの厳しい基準をクリアしていたので、肌の弱いうちの子供でも問題なく使えました。

 

少し付けただけでもプルプルになるので少量で済むのも良いです。

 

市販していますがインターネットでの購入も可能なので、近場にあまり赤ちゃん用品店が無い方はにはありがたいですね。

1ヶ月後元通りのお肌に

夏場だったので入浴は朝と夕方の1日2回、赤ちゃん用ボディソープで毎回しっかりと洗うと言うことを心がけ入浴後はすぐに保湿ローションを塗りました。

 

その効果はすぐに出始めて、はじめの一週間でプツプツはなくなり始めました。

 

この調子だと思い続けていき一ヶ月経つころには湿疹は完全に消えて産まれた頃のプルプルほっぺが復活しました。

 

しかし治ったと思って赤ちゃん用ボディソープを沐浴に変えてしまったりするとまた肌の調子が悪くなり…やはり毎回続ける事が大切です。

 

特に夏の場合は汗をかいたらすぐに着替え、または入浴させることが大切でうっかり放置するとまた湿疹と繰り返してしまいます。

 

また保湿ローションを使うと肌を甘やかして良くないのかとも思いましたが皮膚科の先生からは赤ちゃんのうちは保湿ローションで守ってあげ炎症させないことが大切だと教えてもらいました。